政治・警察・不祥事・事件など気になっているニュースを追いかけます

和歌山県警 多額借金の巡査部長処分 パチンコ代などで自己破産

和歌山県警 多額借金の巡査部長処分 パチンコ代などで自己破産

県警は20日、遊興費などのために返済能力を超える多額の借金をし、警察官としての信用を失墜させたとして、和歌山東署地域課に勤務する男性巡査部長(50)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

 県警監察課によると、巡査部長は2010年4月、住宅の改築目的として金融機関1社から370万円を借り入れたが、実際にはパチンコなどの遊興費として使った。同年8月に、この金融機関から住宅を改築したことを示す領収書などの書類が示されないなどと県警に相談があったことをきっかけに、巡査部長に多額の借金があることが発覚。

 県警は巡査部長に対し、返済を進めるように指導したが、今年7月の時点でも、消費者金融を含む10社から約3900万円の借り入れが残っていた。この内1社から同月、巡査部長は給与を差し押さえられ、自己破産の手続きをとることを決めたという。

 鳴海武則・県警監察課長は「職員の心情把握や、指導を徹底していく」とコメントした


警察官だから人格者であれ、というのは一見横暴かもしれないが、最低限度の人格は必要であると思う。なぜならば、町の治安を守り、法の元に犯した罪を取り締まる側としての権力行使が認められているからである。


権力を行使する側の人間にこれほど金銭的な弱みがあってはそれこそ悪い知恵を持つ者にとってそれは格好の餌食である。

いつの時代も権力を持つ組織が腐敗するとこのようなおかしな現象ばかりが表面化してくるものだ。


、、、、とはいえ、またも和歌山県警。。。


いい加減にしてもらいたいものである!

コメント



認証コード8749

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional